治心.ねっと 教会概要 TOPICS 行事案内 教会検索 ギャラリー 時報だより Link
教会概要 中和大教会のご紹介 歴代会長紹介 教会報『治心』  
歴代会長紹介
初代会長 植田 平一郎(へいいちろう)
 

初代会長 植田 平一郎

初代会長
植田 平一郎
いの夫人
いの夫人

平一郎、1846年5月25日〜1902年10月2日
いの、1881年平一郎と結婚〜1920年

1886年秋、右手親指のヒョウソの患いを救けられて入信。中和の第一歩が踏み出された。
救けられたお礼に「千人救け」を誓い、治心講の講元となって夫婦で布教に専念。
1891年2月27日、奈良県葛下郡池田村に中和支教会を設立。以後燎原に火を放つがごとく、近在はもとより東海、関東、東北、九州地方へと教線は広がり、11年間に59箇所の所属教会が出来た。

 

二代会長 植田 楢松(ならまつ)
 

二代会長 植田 楢松

二代会長
植田 楢松
くに夫人
くに夫人

楢松、1871年6月30日〜1929年5月3日
くに、1887年楢松と結婚〜1933年9月5日

5歳のとき、父平一郎が入信。家業を止めて布教に従事し、教勢の進展と相反して家計はますます困窮。母、祖母を扶け、新婚の妻と共に懸命に生活維持に励んだ。
1895年、高田町(現在池田も両方大和高田市)へ移転建築の矢先、当時の政府は本教撲滅の政策を打ち出し、その影響からだんだん衰微の兆しが見え始め、二代会長に就任時には中和最大の困難時であった。そんな中も心倒さずつとめ、難関を越え、1924年大教会に昇格。1927年には現在地への移転建築を打ち出すまでに教勢を挽回した。在任中に部内教会を123箇所設立、合計182箇所となった。

三代会長 植田 英蔵(えいぞう)
 

三代会長 植田 英蔵

三代会長
植田 英蔵
つる夫人
つる夫人

英蔵、1894年10月8日〜1958年7月29日
つる、1919年7月2日英蔵と結婚〜1972年12月23日

大教会が現在地への移転建築の最中、父楢松会長の出直しともに、1929年6月2日、三代会長に就任。これを成し遂げ、1931年4月落成奉告祭執行。負債未整理のまま、1935年には信者詰所の増築・移転建築と、息次ぐ間もなく大事業を敢行。この間には、さまざまな逸話が残っている。中の一つに、英蔵から借入を求められた人が、その英蔵の依頼文書を見て、「この人ならば」と快く応じた。これは、英蔵の筆跡が最初から最後まで変わらずに認められていたのを見て、心変わりのない人間性を見抜いたのである。英蔵在任中の設立教会は54箇所、津、津軽の2教会を大教会に分離昇格させている。

四代会長 植田 平一(ひらかず)
 

四代会長 植田 平一

四代会長
植田 平一
かずゑ夫人
かずゑ夫人

平一、1920年8月9日〜現在
かずゑ、1921年8月2日〜現在

第二次世界大戦では、中国奥地で戦に赴き、終戦後は敗戦に荒れた国情の中、三代会長を助けて、部内全般の復興に尽力していたが、1952年10月26日、四代会長に就任。現在の教勢の体制を整えた。

 
お問い合わせ 当ウェブサイトへのお問い合わせ   初めての方 ご利用に際して   中和の皆様へのお知らせ 中和の皆様へのお知らせ   更新履歴 更新履歴   トップページ トップページ
 
  Copyright (C) 2010 Chuwa Grand Church. All Rights Reserved. -Thank you for everybody.